忍者ブログ

なんかやる気って

不愉快うんざり人物

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

不愉快うんざり人物



義母の40年前からの知人。
何度もバス停で顔を合わせる。
最近は、かなりの確率で遭遇する奧米加3

わたしは、この女性が苦手中の苦手。
遠くからでも、その人を見つけると、うっ、、、、となって、がくっとなる。
ああ???。

先方は、必ず、わたしに近寄ってきて、蔓延の笑みで、なんやらかんやら話しかける。
話の内容が、不快である。
直近では、娘婿の出身大学を聞いてきた。
じつに鬱陶しい。
どこ出身でもいいではないか。
学部まで気になるらしい。


ホメ殺しというものは、人を不快にさせる、ということを彼女はわかっていないのだろう。

なんでもかんでも、わたしに関連する人物を褒めるのであるが、わたし自身のことは、これっぽっちも褒めたことがない。
すべて、わたしではなく、わたしの関係者のことを褒めちぎる。
それはそれで、彼女にしてみれば、おべんちゃら、営業トークのつもりなのだろうけれど。
わたしは、聞けば聞くほど、不快この上ない。
学歴、肩書き、オンパレ品評会香港旅遊業網站

先日、ついに、バスの中で、うんざりの沸点に達した。

「最近では、そういうことにこだわっていては、だめですよ」と。

ちなみに、わたしは、彼女自身についても、彼女の家族についても、顔しか知らない。
学歴だの、職歴だの、まったく知らない。
強いて言えば、わたしと同世代の息子さんが未婚であるということぐらいか。
そのほかは、ご主人や、近くに住むお姉さんが亡くなった時もリアルタイムで知っている。
40年もあれば、ご近所でもあるし、そこそこ、情報は伝わる人には伝わってくる。
真隣に住んでいても、個人情報について、知らない人は知らない。

人の出入り、流れのない、閉塞感のある田舎とは違う、
そこそこ流れがあって風通しの良い、今、住んでいる地域が、住み心地がよくて気に入っている。
しかしながら、個人情報を保護したいわたしは、彼女のような人は、ほんとうに迷惑な存在である。

ご近所に、情報通の人(ぬし)がいて、その人のところには、かなり細かい正確な情報が集まっている。
その人物を通して、他の人の情報を聞く分には、わりと嫌ではないのだが、
自分のことを言われるのは、嫌。
自分の知らないところで話題に上がるとすると、それは止めようがないが、
面と向ってあれこれ言われるのは、不愉快である。
これは、究極の自己チューか探索40
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R